おためし2017年05月29日 15:56

うちの鳥さんは標高1000m以上のところに行くと、とたんに調子が悪くなります。


エアクリーナーボックスに穴をあけるといいと何かで目にしたので


思い切ってエアクリボックスの蓋をはずして走ってみました。
「ゴワーッ!」
音が勇ましくなりました(笑)が、吸気効率が良すぎて低回転でエンストしまくり。
薄すぎかな~?5mmくらいの穴を1~2箇所って書いてあったしな~(^^;

おそらく高回転でガーッと走るときはいいのかも知れませんが、自分のように登山が主な目的だと、
低速が犠牲になるのは趣旨に合いません><
低速モリモリのまま、高回転でもボコつかないセッティングにしたいのですが、なかなか難しいもんです(^^;

コメント

_ うにょー ― 2017年05月30日 13:28

よっしふみさん、こんにちは~。

自分は、セローでまだ1000m越えをした事をないんですが、
セロー、トリッカーに乗ってるエンジンは、標高高いところでの始動の具合とか、
アフターファイアーとかどうなんでしょうか?
因みに、鳥さんはインジェクション車ですか?それともキャブ車?

_ よっしふみ ― 2017年05月30日 19:06

>うにょーさん

こんにちは。自分のはキャブです。
うにょーさんのはインジェクションでしょうから何も不具合も出ないと思います。
うらやましいです。

トラックバック